スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出展ゲーム概要(4)ぐらぐら天地崩壊

flowRoot3100.png   IMG_1153.jpg

【「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲーム その2 ぐらぐら天地崩壊】

【概要】
・人数:2人 
・時間:10~15分 
・ジャンル:アクションゲーム
・キャッチコピー:「天地が崩壊しても、宝石(得点)さえありゃ大丈夫!」

今回も出展する「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲームその2「ぐらぐら天地崩壊」の紹介です。
画像のようにコスト石を山盛りにし、カードをそこに立てて、コスト石を取り合うゲームです。
まあ、タイトルのとおり、ぐらぐらするカードを倒さないように、より多くの同じ色のコスト石を取ったひとが勝ち!
よくある棒倒しゲームの派生型です。

ただし、カードを倒したひとが負け! というわけではなくて、
同じ色のコスト石をたくさん取ったひとが勝ち!
というのがこのゲームのミソです。

戦略的に、自分がたくさんコスト石を持っている自信があったなら、
わざとカードを倒すというのもアリです。
(ただし、あまり格好の良い勝ち方ではないですが。。。)

また、コスト石の取り方も、地道に決まった個数を取り続けるか、
運頼みで個数をたくさん取れる可能性に賭けるか、
のふたつから選択できて、
【プレイヤーごとの、欲の深さ(あるいは慎重さ)が如実に出るゲーム】です。

ちなみに、このゲームのバランス崩壊要素は、言わずもがなですが、
天地崩壊カードのバランスをいかに崩さずコスト石を取るか! 
というところにあります。

【ルール】
①プレイヤーは、地道にコスト石を2個取るか、それともたくさん個数を取れる可能性に賭けるか決めます。

②たくさん個数を取れる可能性に賭けたい場合は、BBカードを1枚引いてください。
 そこに書かれた数字が、コスト石を取れる個数です。
 (0、1、2、7 の個数が記載されています。7を引いたら、ラッキーとも思えますが、
  必ずその個数を取らなければいけないので、終盤にこのカードを引くと悲惨です!)

③プレイヤーが交互にそれを繰り返し、誰かがカードに触れてしまうか、カードを倒したら
 その時点で、ゲーム終了!

④カードに触れるか、倒してしまったプレイヤーは、ペナルティで、BBカードを1枚引いて、
 その分減点となります!

⑤その結果、同色のコスト石をたくさん持っていたプレイヤーが勝ちです!

スポンサーサイト

出展ゲーム概要(3)Poker in the Dark

bitmap.png   aaa.png カード(ポーカー)

【「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲーム その1 Poker in the Dark】

【概要】
・人数:2~4人 
・時間:10~15分 
・ジャンル:ギャンブル
・キャッチコピー:「闇の中で目を凝らせ! そこに見えるは、成功か転落か(ざわっ)」

今回は出展する「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲームその1「Pojer in the Dark」の紹介です。
ジャンルはギャンブルゲームです。
カードを頭に押し当てている図でピンと来た方、いらっしゃるかと思いますが、変形型インディアンポーカーです。
ただし、本家のインディアンポーカーと異なるのは、
 ・賭け金をプレイヤーが決定するのではなく、プレイヤー毎に予め決まっていること。
  (プレイヤー自身は知らない)
 ・最大でも5枚のカードの中から4人が選ぶので、より自分のカードを推理し易く、戦略性が高いこと。
 ・精算の次回持ち越しが存在するので、容易に逆転し易いこと。


つまり、本家は【ハッタリ(ポーカーフェイス)】のゲームであるのに対して、
こちらはどちらかというと【戦略性】のゲームと言えます。

また、「BB~BalanceBreak~」のテーマである<<バランス崩壊>>の要素を、賭け金と勝利時にもらえる金額のバランスに盛り込みました。おかげで、そのバランスが崩壊しています。
つまり賭け金が少額でも、派手な一発逆転がありえます。
(逆に賭け金が多くても、もらえる金額が少ない場合もあり)


【ルール】
①プレイヤーは、所持金を当初10点持っています。

②カードを1枚引き、頭に押し当てます。カードに書かれている数字が、その回の賭け金。

③他プレイヤーの数字を参考に、自分の賭け金を推理し、賭けに参加するか、やめるかを判断します。

④賭けたあとは、もう一度カードを引きます。そこで、特定のカードを引いたひとがその回の勝ち!
 賭けられた金額を総取り出来ます。
 (誰も引けない場合は金額は次回持ち越し)

⑤これを5回繰り返し、たくさん所持金を持っているひとが勝利!!

<今現在決まっている出展ゲーム概要>
・タイトル:「BB~BalanceBreak~」
・テーマ:バランス崩壊
・容器:缶
・内容物:カード(5種類) コスト石(10個×4色)
・遊べる人数2~4人
・プレイ時間:10~30分
・遊べるゲーム:『BalanceBreak~バランスブレイク~』『Poker in the Dark』『ぐらぐら天地崩壊』『いくらで買う?』『FINAL STRIKE』

いよいよゲーム概要紹介

IMG_1166.jpg IMG_1151.jpg
【大量に缶が届いた!&コンポーネントイメージ】

先日、合羽橋に行った時に発注してきた容器の缶が届きました!
ちょうどその翌週、テレ東の『アド街ック天国』で合羽橋が取り上げられていました。
観た方いらっしゃいますか~?

道具街でお祭りがあったとか。
たくさん出店も出たようですが、僕は1週間早く行ったせいで、その機会を逃してしまいました。
残念!

さてさて、この缶は『アド街』にも取り上げられた「容器のたかむら」さんで、作ってもらいました。
缶の色はブラウンが基本。
ただし、限定色としてブルー・レッド・グリーン・ゴールド(イエロー)を各5個用意しました。
これは、コンポーネントとして用意したカウンタートークンの色に合わせた仕様です。
ああ。こんなに発注してしまったけど、
本当に良かったのかしら。
(カウンタートークンの回と同じくだりですね。すみません)

右の写真はコンポーネント。
紫色の缶ですが、これは店頭に置いてあった缶をサンプルとして買ってきたので、
ゲームマーケットでは売りません。
一点ものです!(そんなかっこいいものじゃあ、ありませんが)

あ。ちなみに、コンポーネントの中に後ろでチラっと見えるipodは付きません。
(当たり前だろっというつっこみが聞こえました。すみません)



さて、唐突ですが、いよいよゲームの内容ご紹介です。
今回は、5つの異なるゲームが遊べる仕様となっています。
以下5つ。

・『BalanceBreak~バランスブレイク~』:戦略性高めの必殺技繰り出しゲーム
・『Poker in the Dark』:大逆転も可能なギャンブルゲーム
・『ぐらぐら天地崩壊』:カードを使ったまさかのアクションゲーム
・『いくらで買う?』:これが一番面白い!? コミュニケーションゲーム
・『FINAL STRIKE』:初心者でも安心。20分で出来るテーブルトークRPG

と、いうことで今度こそ本当に次回から各ゲームの内容をご紹介します。


<今現在決まっている出展ゲーム概要>
・タイトル:「BB~BalanceBreak~」
・テーマ:バランス崩壊
・容器:缶
・内容物:カード(5種類) コスト石(10個×4色)→思いのほかたくさん届いて、熊熊飯店店長もびっくりしているらしい。
・遊べる人数2~4人
・プレイ時間:10~30分
・遊べるゲーム:『BalanceBreak~バランスブレイク~』『Poker in the Dark』『ぐらぐら天地崩壊』『いくらで買う?』『FINAL STRIKE』

これら5枚のカードを使用して遊びます

カードセット
【これら5枚のカードを使用して遊びます】

いま、毎晩テストゲームを繰り返しております。
繰り返し遊んでいると、だんだん、ゲームの面白さって
なんだっけと分からなくなってくることがあります。
ランナーズハイ的な?(ちがうか)

さて、「BB~BalanceBreak~」では5枚のカードを使用します。
今回はその5枚のカードをお披露目します。

上の画像をご覧ください。
それぞれカードに一応名前がついています。

上左「777」
上中「Big or Small」
上右「天地崩壊」
下左「Change the World」
下中「GOHST」
下右「カードの裏面デザイン」

これらをどのように使って遊ぶかは、また次回の説明で。
(もったいぶるなと怒られそうですが、もうしばらくお待ちください)


<今現在決まっている出展ゲーム概要>
・タイトル:「BB~BalanceBreak~」
・テーマ:バランス崩壊
・容器:缶
・内容物:カード(5種類) コスト石(10個×4色)→思いのほかたくさん届いて、熊熊飯店店長もびっくりしているらしい。
・遊べる人数2~4人
・プレイ時間:10~15分
・遊べるゲーム(仮):『BalanceBreak~バランスブレイク~』『Poker in the Dark』『ぐらぐら天地崩壊』『貴族の商い』『FINAL STRIKE』

少しずつ、素材が届き始めています。

2012-10-02 00.39.03 IMG_1164.jpg
【印刷が完了したカードの束(左)&物凄い量のカウンタートークン(右)】

ゲームマーケットまで、およそ1ヶ月となりまして、少しずつ材料が揃ってまいりました。
先日発注していたカードと、カウンタートークン(ゲーム内では『コスト石』と呼んでいます)が届きました。

カードの方は想定通りの色が出てくれました。
しかも紙がちゃんとカードカードしていて、熊熊飯店店長のへっぽこデザインでもちゃんとしたゲームに見えるじゃないですか。
大満足の出来です!!
印刷所さん、ありがとう。

そして、カウンタートークンの方は、見てください、この量!!
写真だと、縮尺がよく分からないかもしれませんが、全部で2~3kgあります。

確かに1セットにつきトークンを40個入れる予定ですが、いざ届いてみると、笑えるなあ。
まさに売るほどある!!(いや、売り物ですね。。。)
こんなに発注してしまって大丈夫だったのか、一抹の不安を感じているのが正直なところですが、
まあ深く考えないことにしましょう。


肝心のゲームの方は、いま届いた素材を使って調整を行なっている最中です。
近いうちに、ゲームの概要紹介が行えるのではないかなあ、と思っています。

テーマが『バランス崩壊』とか、遊べるゲームが5つとか、
情報がぼんやりしてるんだよ! 
とっとと、どんなゲームなのか教えろ!!

と、いう声がモニター越しに聞こえてくるような気がします。
仰りたいことは、分かります。(うん、うん)

今しばらく、今しばらくお待ちを!!


<今現在決まっている出展ゲーム概要>
・タイトル:「BB~BalanceBreak~」
・テーマ:バランス崩壊
・容器:缶
・内容物:カード(5種類) コスト石(10個×4色)→思いのほかたくさん届いて、熊熊飯店店長もびっくりしているらしい。
・遊べる人数2~4人
・プレイ時間:10~15分
・遊べるゲーム(仮):『BalanceBreak~バランスブレイク~』『Poker in the Dark』『ぐらぐら天地崩壊』『貴族の商い』『FINAL STRIKE』

ブースの場所が発表されました。

ゲームマーケットの出展ブースが決定しました。
4階入って、左手の列、426になります。

↓詳しくは公式サイトの出展ブース一覧をご覧ください。
http://gamemarket.jp/modules/tinyd01/index.php?id=36

一列目の、中央付近。
うわわわ。一番ひとが止まらなそうな辺り!!
1個も売れなかったらどうしよう、と内心心配していましたが、
売れないどころか、
ひとりもお客さんが立ち止まらなかったらどうしよう。。。

出展場所が決まって、現実味も帯びてきて、急に心配になってきたよ。

皆さん、熊熊飯店は、4階入って左手の列、426ですよ~~!!
プロフィール

熊熊飯店

Author:熊熊飯店
アナログゲーム製作サークル
熊熊飯店です。

【Twitterアカウント】
@nakamarunrun
【公式ページ】
kumagumahanten

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。