スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームマーケット2012秋で購入したもの(『ふろせん』オハローワークスさん)

IMG_1211.jpg  IMG_1210.jpg
【このコンポーネント、たまんないなあ】

『ふろせん』(オハローワークス)
時間:15分
人数:2人
対象年齢:6歳から

ゲームマーケット2012秋では店番をしていたので、残念ながらあまり他サークルさんの
商品を見ることができなかったのですが(なにせ、有名サークルさんはすぐ完売しちゃったし)
コンポーネントスキーの熊熊飯店店長としては、これは買わないわけには!
なくなっちゃうのが怖いので、予約して買っちゃいました。

ゲームボードは手ぬぐい。
チップとダイスが、アルミと真鍮製。

容器が詰替用シャンプーのようなビニール包装になっていて、風呂だからかと
ニクい演出に唸りました。
ちゃんとチャックがついていて、再度閉じることもできるのですが、そこに
「開封後はできるだけ空気をぬきチャックを閉じて、保存してください」と
書いてあるのが細かいところで遊んでいて、素敵。

ゲーム内容もシンプルなのに、ちゃんと盛り上がります!
プレイヤーごとに毎回賭けていって、指定のダイスの出目を出したプレイヤーが
チップを総取り。
この溜まっていくチップを総取りできたときが思いのほか、嬉しい。
ダイスだから運要素が大きいけど、でもこのわかりやすさ! 心地いいですね。
スポンサーサイト

『BB~BalanceBreak~』で遊べる変ゲーその1 【TVGAME~クイズ皆で答えよう~】

tvgame.png

『BB~BalanceBreak~』で遊べる変ゲーその1 【TVGAME~クイズ皆で答えよう~】

【はじめに】
ゲームマーケット2012秋で、『BB~BalanceBreak~』をお買い上げ頂きました皆様、
ありがとうございました!
そこで謝恩の意味を込めまして『BB~BalanceBreak~』で遊べるバリアントルールを
ご紹介していこうと思います!

って、あれ、なんかこの企画、ヤバイ気配がしますね。
本編は、5種類もルールが入っていて、説明書もそれなりにカサがあるし、
初出展のなんだかよく分からないサークルのゲームだし、
手を出すの面倒で、まだ、遊んでくれたひと、いないんじゃないかなあ。

そんな状況で、調子に乗って、バリアントルールなんて、発表して
事故りそうな、予感もしますが。。。
まあ、気にしないことにしましょう。

いや、最初にお断りしておきますが、思いつきで無理矢理ひねり出すので、かなりの変ゲーですよ。
クオリティとか、そこら辺はあんまり期待しないでね。

熊熊飯店店長が変なことやりだした、くらいに思ってお付き合いください。

【裏ゲームルール】
バリアントルール(1):TVGAME~クイズ皆で答えよう~
プレイ人数:3~10人
用意するもの:BBカード5枚・コスト石40個・テレビ・ストップウォッチ
準備:BBカード5枚を裏向きにして、場の中央に並べます。
   コスト石40個も同様に、場の中央に並べます。
   おもむろにテレビの電源を入れます。

①一番、テレビディレクターっぽい人が親になります。
②親は、テレビのチャンネルを適当に選びます。
③親は、そのチャンネルで1分以内に画面に映ったものに関するクイズを出題し、他のプレイヤーが回答を紙に書きます。
④そしたら、答え合わせです。
 親以外のプレイヤーが全員正解だったら、親以外の全プレイヤーに場のコスト石を1個ずつ獲得。
 全員不正解だったら、とくになし。
 プレイヤーのなかに正解者と不正解者がいる場合は、親はBBカードを1枚引き、BBカードに書かれた数だけコスト石を親だけが獲得。(0の場合は、獲得できず)
⑤親を順番に交代してこれを繰り返し、場のコスト石がなくなった時点で、一番コスト石を獲得したひとが勝利です!

皆様、ありがとうございました!

 IMG_1206.jpg
 【熊熊飯店ブース写真】

皆様、ゲームマーケットお疲れ様でした!

熊熊飯店ブースにお越しいただきました皆様、
そして、『BB~BalanceBreak』をお買い上げ頂きました皆様、
本当にありがとうございましたっ!!

1つも売れなかったらどうしようと不安で昨夜は眠れませんでしたが、
今夜はほっと一息つけそうです。

アナログゲーマー歴の短い熊熊飯店店長の素人ゲームですが、
『BB~BalanceBreak~』、皆様でお楽しみ頂けましたら幸いです。
また、ご意見・ご感想などもお待ちしております。
(次回作の参考にさせて頂ければと思っております)

なお、当ブログは引き続き、熊熊飯店 店長のアナログゲーム(とその他のこと)ブログとして
継続していく予定です。
こちらもどうぞご贔屓下さいますよう、お願い申し上げます。

多謝!!

【BB~BalanceBreak~】

【BB~BalanceBreak~】 出展場所:4F(426)
バランス崩壊をテーマにした、
全く異なるジャンルの5種類のゲームが遊べます!!


IMG_1175.jpg      IMG_1166.jpg       IMG_1188.jpg
【コンポーネントイメージ】  【容器は5色ご用意しています】  【トランプを使うゲームもあります】

●価格:1,000円
●内容物:カード(5種類) コスト石(10個×4色)
●遊べる人数2~4人
●プレイ時間:10~30分
●別途、トランプと紙コップを必要とするゲームがあります。

<遊べるゲーム>
『BalanceBreak~バランスブレイク~』(ルール改変ゲーム)
『Poker in the Dark』(ギャンブル)
『ぐらぐら天地崩壊』(アクションゲーム)
『いくらで買う?』(コミュニケーションゲーム)
『FINAL STRIKE』(1バトルTRPG)
 説明書(表紙) 
制作:熊熊飯店=KUMAGUMA HANTEN=

出展ゲーム概要(7)BalanceBreak~バランスブレイク~

バランスブレイクタイトル IMG_1188.jpg


【「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲーム その5 BalanceBreak~バランスブレイク~】

【概要】
・人数:2~4人 
・時間:10~15分 
・ジャンル:ルール改変ゲーム
・キャッチコピー:「唸れっ オレのバランスブレイク! これで最期だっ ダブルブレイク!!」
【注意】別途、トランプが必要となります!

さて、「BB~BalanceBreak~」で遊べるいよいよ最後のゲーム紹介です。
キャッチコピーからして、アツ苦しさを感じて頂けるかと思いますが、
少年漫画的なノリで、『バランスブレイクっ!』と叫びながら、カードをくりだすゲームです。

なんだかさっぱり分かりませんね。すみません。
今回もトランプを使います。

基本的には、トランプの大きな数字を捨てていって手札をなくすゲームです。
しかし、プレイヤーの手札は全員同じ。
もう、これがバランスが良すぎて、全然ゲームが終わらない
そこで、「バランスブレイク!」です。

5枚のバランスブレイクカードを使って場の均衡を破り、一気に勝ち上がりましょう。
それぞれが、異なる効果を持っており、ルールを捻じ曲げる必殺のカードです。
使う際には床にカードを叩きつけ、こう叫びましょう。

バランスブレイクっ!!

見た目的にはバカゲーですが、結構戦略性高めです。
バランスブレイクカードは一枚だけでは、勝てません。
複数枚連続で使った方が効果的。組合せを考えて使いましょう。

なお、連続で使用する際は、こう叫びましょう。

ダブルブレイクっ!!
(やっぱりバカゲーだ)

【ルール】
①各プレイヤーは、A~7の7枚のトランプを1組ずつ手札として持ちます。
 また、プレイヤーごとにバランスブレイクカードを自分の手前に置きます。

②あとは、簡単。1人ずつトランプの、より大きな数字を順番に捨てていくだけ!

③最初に捨てられなくなったひとが、場の皆が捨てたトランプを引き取らされます。

④でも、これじゃあ、トランプが行ったり来たりするだけで誰も勝てない。
 そこで、バランスブレイクカードです。

⑤トランプを引き取らされるときに、一緒にコスト石も引き取ることが出来ます。
 そのコスト石を消費することで、自分のターンにバランスブレイクカードが使用できます。
 さあ、皆でバランスブレイク!

【バランスブレイクカードの種類】
bos.png
【Big or Small】⇒大きい順に出さなければいけなかったのが、逆転して小さい順に出さなければいけなくなります。

777.png
【777】⇒どんなトランプでも、最強の数字のカードになります。

gos.png
【GOHST】⇒任意のプレイヤーのコスト石を全部奪うことができる。

ctw.png
【Change the World】⇒出した途端にゲーム終了。トランプをたくさん持っているひとが勝ちというゲームルールになる。

tenti.png
【天地崩壊】⇒手札を1枚を残して、全て捨てられる。

ただいま、絶賛量産中!!

IMG_1178.jpg  IMG_1179.jpg  IMG_1180.jpg  IMG_1181.jpg

いよいよ、ゲームマーケットも来週。
各サークルさんが頑張っているなか、
熊熊飯店も「BB~BalanceBreak」絶賛量産中であります。
あと、ゲームマーケットで何を買うかも絶賛検討中であります!

【ゲーム概要】
・タイトル:「BB~BalanceBreak~」
・遊べる人数2~4人
・プレイ時間:10~30分
・遊べるゲーム:『BalanceBreak~バランスブレイク~』『Poker in the Dark』
        『ぐらぐら天地崩壊』『いくらで買う?』『FINAL STRIKE』
・価格:1,000円
・出展位置 426

出展ゲーム概要(6)FINAL STRIKE

final.png  IMG_1174.jpg
(コンポーネントのイメージその1)

【「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲーム その4 FINAL STRIKE】

【概要】
・人数:3~4人 
・時間:10~15分 
・ジャンル:1バトルTRPG
・キャッチコピー:「冒険者たちは伝説になった・・・」
【注意】別途、トランプと紙コップが必要となります!

【ものがたり】
旧き魔王【ばある】の復活により、世界は混沌に包まれつつあった。
冒険者たちは、魔王【ばある】を再び封印する秘技【FINAL STRIKE】を求め、
険しい旅に出るのであった。

急にナレーションからはじまってしまいましたが、
今回のゲームは1バトルTRPGという妙なゲームです。
TRPGは、もちろんながらテーブルトークRPGの略称です。
1バトル、すなわち最終戦だけを切り取りました。

ゲーム的には、プレイヤー3人が冒険者となり魔王と戦うゲームです。
それぞれ特性の異なる3種類のジョブ【戦士】【忍者】【僧侶】があり、
3人で協力して魔王を倒します。

TRPGかというと、まあ、全然違います。街でのお買物も、洞窟の探索もありません。
でも、そこは険しい旅の最終到達地という趣でぜひ魔王と対峙して下さい。
魔王役のひとは、非力な冒険者たちを嘲笑い、冒険者側はそれに果敢に挑む
というロールプレイで盛り上がっていただけると、良いのではないかと思います。

ちなみに、今回はバランス崩壊要素は、ありません。

【ルール】
①冒険者側はそれぞれ自分のジョブを選択します。

②魔王は、そのターンの攻撃力(トランプ)を開示します。

③その攻撃力を確認して、このターン、我こそは!という冒険者1人が
 戦うことを宣言します。
(勝つ自信から宣言する冒険者もいるでしょうし、仲間を守る自己犠牲の精神から宣言する冒険者もいることでしょう)

④冒険者には、ジョブごとに決められたコスト石の入った紙コップが渡されています。
 中身を見ずに1個のコスト石を引きます。それが冒険者の行動です。

⑤行動判定によって、冒険者が魔王にダメージを与えたのか、はたまた
 魔王からの攻撃を受けてしまったのかが判明します。

⑥これを繰り返し、魔王を倒すか冒険者が全滅したところでゲーム終了です。

⑦最後にカードを1枚引いて、世界の行く末を決定します。

出展ゲーム概要(5)いくらで買う?~BUYER GAME~

ikurade.png いくら

【「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲーム その3 いくらで買う?~BUYER GAME~】

【概要】
・人数:4人 
・時間:15~30分 
・ジャンル:コミュニケーションゲーム
・キャッチコピー:「あなたなら、コレ、いくらで買う?」
【注意】別途、トランプが必要となります!
※ちなみに、本当の「BB~BalanceBreak~」は1,000円で販売を予定しております。
(よっしーさん、返事が遅くなってしまってごめんなさい!!)

さて、今回は、「BB~BalanceBreak」で遊べるゲームその3の紹介です。
今回は、コミュニケーションゲームです。
概要にも書いたとおり、
トランプが別途、必要となりますので、ご注意ください!!
(コンポーネントには含まれていません)


なお今回のゲームには、ちゃあんと、物語設定がついています。

【ストーリー】
稀代のバイヤーであるあなたたちのもとに、
「バイヤー選手権」開催のお知らせが届きました。
ここで優勝した者は三ツ星バイヤーとして認定されるのです。
稀代のバイヤーであるあなたたちには、
周知のことでしょうが
モノの値段はあってないようなもの。
どんな商品がお客様に高く買ってもらえるかどうか、
あなたのバランス感覚が試されます!!

と、まあ、なんともおバカな設定ですが。。。

このゲームは、プレイヤーが買い手と売り手となって
商品売買を行うゲームです。

なお、売りたい商品は売り手が自由に設定出来ます。
それは、本当になんでも良いんです。
例えば身近な商品「コンビニ弁当」とかでも良いし、
実際には存在しない「タイムマシーン」とかでも良い。
決まったら口頭で発表します。

でも、商品の価値が、
事前に決められた金額の範囲内と他のプレイヤーに
評価されなければ減点です。

ここがポイント!

売り手はなるべく高く売りたい、でも高く売りすぎると減点。
つまり、事前に決められている金額の範囲内で、
それに見合った商品をその場で考えないといけません。

これは、ちょうど中間点を目指した表現を行うゲーム
『ディクシット』とか『バルバロッサ』とか、その系列のゲームです。

プレイ感としては、他のプレイヤーから「そんなに、それ高くないよ~」とか
「お前、ちょ、それ安すぎ!」とか言われながら、ワイワイやるゲームです。

ちなみに、このゲームのバランス崩壊な要素は、モノの値段です。
モノの価値をバランス感をもって見極める、これが以外に難しいのは、
【稀代のバイヤー】である、皆さんならわかってもらえますよね?


【ルール】
①プレイヤーのひとりが売り手となって、予め決められた金額の範囲内で、
 今回売りたい商品を発表します。

②他のプレイヤーは、買い手となって、その商品をいくらで買うか入札します。

③買い手は、いくらがその商品の本来的な価格なのかを発表します。
 同時に買い手は、いくらで入札したかを発表します。

④売り手は、商品が標準より少し高い値段で買ってもらえたら得点!
 買い手は、商品が標準的な値段で買えたら得点!

⑤各プレイヤーが持ち回りで、売り手と買い手になって、
 最終的に得点が高いプレイヤーが【三ツ星バイヤー】です。
プロフィール

熊熊飯店

Author:熊熊飯店
アナログゲーム製作サークル
熊熊飯店です。

【Twitterアカウント】
@nakamarunrun
【公式ページ】
kumagumahanten

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。