スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様、ありがとうございました!

IMG_1288.jpg
【熊熊飯店ブース写真】

皆様、ゲームマーケットお疲れ様でした!

「アノコロの俺ら」および「BB~BalanceBreak~」をお買い上げ
頂きました皆様、
本当にありがとうございました!!

前回の「ゲームマーケット2012秋」のときの、
「BB~BalanceBreak~」は、やや売れ残ったくらいでしたので、
今回の「アノコロの俺ら」も同じくらいの部数でいいか~、と
ご用意していったのですが、

まさかの、開始30分での完売!!

予想外の売れ行きに嬉しい反面、
買えなかった方たちには、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

完売後に、「せめて、試遊だけでも……」と来てくださった方々が、いらっしゃって、
ルール説明しながら、「うわぁ、ここまで遊びたかった方に、数が用意できてなくって、
ほんと、ごめんなさい!」と心の中で謝っておりました。

目算がたてば、次回のゲームマーケット秋で再販できればなあと考えております。
温かい気持ちで待っていてやってください。

また、ご意見・ご感想などもお待ちしております。
(次回作の参考にさせて頂ければと思っております)
このブログのコメント欄か、twitterアカウント:@nakamarunrunまでお寄せください。

なお、当ブログは引き続き、熊熊飯店 店長のアナログゲーム(とその他のこと)ブログとして
継続していく予定です。
こちらもどうぞご贔屓下さいますよう、お願い申し上げます。

多謝!!

熊熊飯店 店長拝
スポンサーサイト

出展ゲーム概要(6)増産中!&画像付き遊び方

IMG_1232.jpg IMG_1235.jpg
【絶賛増産中(左)& 売るほどあるスリーブ(右)】

ゲームマーケットまで、一週間。
今回の熊熊飯店の新作出展ゲーム「アノコロの俺ら」、絶賛増産中です!!

今回は手作り要素が多いので、ここ1~2週間、内職やってます。
前回ほど、数がご用意出来ないかもしれないけれど、頑張ってます。


<おおまかな遊び方>
前回、説明書を掲載しましたが、文章ばっかりで読むのがかったるいと言う方、
画像付きで、おおまかな遊び方も掲載しておきます。
イメージを掴んでいただければ幸いです。

IMG_1244.jpg
①まず、3枚の札の中から、1枚好きなものを選びます。
熊熊飯店 店長(以下、「店長」)「やっぱり、ドラクエでしょう! ドラクエⅤ、
                好きなんだよなあ。
                皆さん、結婚相手、どっちを選びました?」

IMG_1245.jpg
②次に、その札を裏返すと、発生年月日と解説が掲載されています。
店長「ふむふむ。ドラクエⅤの発売は92年かあ。意外に前だなあ。
   スーファミ全盛だったよね。
   『ファミコン通信』って、『スーファミ通信』に誌名変えるかと思ってたけど、
   未だに『ファミ通』だもんね」


IMG_1249.jpg
③残りの札から、1枚選んで、裏返した札よりも、発生年月日が古いか新しいかを考えます。
店長「よし。古いのを選ぼう。
   ビックリマンか、DRAGONBALL第1巻か?
   どっちも古いと思うけど、なるべく次につなげるために年代が近いのを
   選びたいなあ。DRAGONBALLのアニメ始まったのって、たぶん小学校のころ
   だったけど、漫画ってどうだろ。
   う~ん、鳥山明に賭けた! か~め~は~め~は!」


IMG_1254.jpg
④答え合わせをし、合っていれば手番を継続することが出来ます。
 これを繰り返して、最もたくさん正解してカードをたくさん手に入れたプレイヤーの勝ち。

店長「DRAGONBALLって1985年! そんなに前なの!?
   う~~、そうすると、92年から85年の間の年代のカードはこの手番では置けない
   のかあ。
   まあ、なんか損した感じするけど、一応正解したからいっか。
   次も店長の番だな。ふふふ。ひとりで、全問正解してやるもんね~」

【熊熊飯店新作ゲームのまとめ】
○タイトル:『アノコロの俺ら』
○価格:1,000円
○プレイ人数:2~5人
○推奨年齢(楽しめる年齢):20歳以上
○内容物:カード50枚(前作の10倍!!)
     カードの表面は、シンプル。
     カードの裏面には情報がビッシリ。
○ルール:出来事を年代順に並べて
     カードを多く持っているひとの勝ち。
○テーマ:80年代・90年代のホビー

出展ゲーム概要(5)マニュアル公開!!

説明書(表)改  説明書(裏)改-2  説明書2(表)
【マニュアル イメージ】

さて、いよいよゲーム内容に触れていこうと思います。
早速ですが、マニュアルを大公開!!

お読み頂くと分かるかと思いますが、凄くシンプルなゲームです。

(1)80年代、90年代の出来事を発生順に並べる。
(2)正しく、たくさん並べられたプレイヤーの勝ち!!


言ってしまえば、ただこれだけ。

こんなゲーム面白いの?
と、詰め寄られそうですが、
待ってください!
なぜだか、これが面白い。

80年代、90年代の出来事ってところがミソです。
遊びながら、80年代・90年代のアノコロが蘇ってくるんですよね~。
アノコロを共有していた同年代の方同志でのプレイが
凄く盛り上がります。

そう考えると、一番良いシチュエーションは、
小学校時代、仲が良かった友達と遊ぶことかも
ですね。

「久しぶりに飲もうよ~」なんて言うときに、このゲームを1回遊べば、
楽しかったアノコロに戻れること間違いなし!!

ただし、逆に言えばお子様には正直、つまらないっていうか
ゲームが成立しないと思います。

なので、べつにいかがわしい内容ではないのですが、
ゲーム推奨年齢(楽しめる年齢)を20歳以上とさせて頂いております。
カードの内容が、1982年から2000年まで、なので。

あと、これ、ようはクイズゲームなので
1回やったら覚えちゃうんじゃないの~?
と思うかもしれないですが、
そんなことないんです。
この間、テストプレイで作者が負けたように50枚もあると意外に覚えらないんですよね。

まあ、全部の出来事が起きた年月日を完璧に記憶出来たらそれは有利なわけですが、
ゲームのルール上、カードの引きの強さ(運)と、カードの並べ方(戦略性)も関係してくるので
必ずしも勝てるというわけでもありません。

【熊熊飯店新作ゲームのまとめ】
○タイトル:『アノコロの俺ら』
○プレイ人数:2~5人
○推奨年齢(楽しめる年齢):20歳以上
○内容物:カード50枚(前作の10倍!!)
     カードの表面は、シンプル。
     カードの裏面には情報がビッシリ。
○ルール:出来事を年代順に並べて
     カードを多く持っているひとの勝ち。
○テーマ:80年代・90年代のホビー
プロフィール

熊熊飯店

Author:熊熊飯店
アナログゲーム製作サークル
熊熊飯店です。

【Twitterアカウント】
@nakamarunrun
【公式ページ】
kumagumahanten

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。