スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出展ゲーム概要(5)いくらで買う?~BUYER GAME~

ikurade.png いくら

【「BB~BalanceBreak~」で遊べるゲーム その3 いくらで買う?~BUYER GAME~】

【概要】
・人数:4人 
・時間:15~30分 
・ジャンル:コミュニケーションゲーム
・キャッチコピー:「あなたなら、コレ、いくらで買う?」
【注意】別途、トランプが必要となります!
※ちなみに、本当の「BB~BalanceBreak~」は1,000円で販売を予定しております。
(よっしーさん、返事が遅くなってしまってごめんなさい!!)

さて、今回は、「BB~BalanceBreak」で遊べるゲームその3の紹介です。
今回は、コミュニケーションゲームです。
概要にも書いたとおり、
トランプが別途、必要となりますので、ご注意ください!!
(コンポーネントには含まれていません)


なお今回のゲームには、ちゃあんと、物語設定がついています。

【ストーリー】
稀代のバイヤーであるあなたたちのもとに、
「バイヤー選手権」開催のお知らせが届きました。
ここで優勝した者は三ツ星バイヤーとして認定されるのです。
稀代のバイヤーであるあなたたちには、
周知のことでしょうが
モノの値段はあってないようなもの。
どんな商品がお客様に高く買ってもらえるかどうか、
あなたのバランス感覚が試されます!!

と、まあ、なんともおバカな設定ですが。。。

このゲームは、プレイヤーが買い手と売り手となって
商品売買を行うゲームです。

なお、売りたい商品は売り手が自由に設定出来ます。
それは、本当になんでも良いんです。
例えば身近な商品「コンビニ弁当」とかでも良いし、
実際には存在しない「タイムマシーン」とかでも良い。
決まったら口頭で発表します。

でも、商品の価値が、
事前に決められた金額の範囲内と他のプレイヤーに
評価されなければ減点です。

ここがポイント!

売り手はなるべく高く売りたい、でも高く売りすぎると減点。
つまり、事前に決められている金額の範囲内で、
それに見合った商品をその場で考えないといけません。

これは、ちょうど中間点を目指した表現を行うゲーム
『ディクシット』とか『バルバロッサ』とか、その系列のゲームです。

プレイ感としては、他のプレイヤーから「そんなに、それ高くないよ~」とか
「お前、ちょ、それ安すぎ!」とか言われながら、ワイワイやるゲームです。

ちなみに、このゲームのバランス崩壊な要素は、モノの値段です。
モノの価値をバランス感をもって見極める、これが以外に難しいのは、
【稀代のバイヤー】である、皆さんならわかってもらえますよね?


【ルール】
①プレイヤーのひとりが売り手となって、予め決められた金額の範囲内で、
 今回売りたい商品を発表します。

②他のプレイヤーは、買い手となって、その商品をいくらで買うか入札します。

③買い手は、いくらがその商品の本来的な価格なのかを発表します。
 同時に買い手は、いくらで入札したかを発表します。

④売り手は、商品が標準より少し高い値段で買ってもらえたら得点!
 買い手は、商品が標準的な値段で買えたら得点!

⑤各プレイヤーが持ち回りで、売り手と買い手になって、
 最終的に得点が高いプレイヤーが【三ツ星バイヤー】です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊熊飯店

Author:熊熊飯店
アナログゲーム製作サークル
熊熊飯店です。

【Twitterアカウント】
@nakamarunrun
【公式ページ】
kumagumahanten

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。