スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アノコロの俺ら」は、こんなタイトルで遊んでたよ (2)

『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』発売(1992.9.27)

ドラゴンクエスト5
ドラゴンクエスト5

さてさて、熊熊飯店製作のカードゲーム「アノコロの俺ら」の中に登場するホビーを
取り上げるコーナー【「アノコロの俺ら」は、こんなタイトルで遊んでたよ】です。
第2段は、国民的テレビゲーム、ドラゴンクエストシリーズ!
ここは、ドラクエ1~5の店長なりの感想を挙げて、いこうかな。
ネタバレ必至ですので注意!!

ドラゴンクエスト
ドラゴンクエスト

初の国産RPGとして産まれました。
(当時、海外ではRPGといえば、「ウルティマ」や「ウィーザードリー」が遊ばれていた)
このドラクエ第一弾は、ご存知のとおり主人公ひとりだけの戦う話しで、MAPもシンプルです。
二作目からは仲間が登場し、パーティーを組んで敵と戦う。そしてMAPも広大です。
この違いは、容量の問題ではなく、初めてRPGに触れる日本のプレイヤーたちのために、
RPGの練習台として作ったから、あえてシンプルにしているのだというのを、どこかで
読んだことがあります。
そう考えると、今は、すっかりRPG慣れした国民になりましたね。

肝心の感想ですが、竜王を倒して、お姫様を救うのではなく、物語の途中で救うという流れが、
意外ですよね!

ドラゴンクエストII
ドラゴンクエストII

さて、第二弾です。
プレイヤーが操れるパーティーが3人になって、MAPも広大に、魔物の数も増えました。
あの時期は、続編が出ると、こんな感じで、前作比●●倍!みたいに、どんだけ増えたのが凄いと、
よく宣伝を打ってましたね。
容量が単純に増えて行くのが凄い時代だったのですねえ。

ドラクエシリーズはいろいろなハードでリメイクされているわけですが、店長は、
ちゃんと初期のファミコンで「ふっかつのじゅもん」を書きながら、クリアしましたよ。

「ふっかつのじゅもん」を入れるときのBGM(「Love Song 探して」)って、とても軽快
な楽しげな曲なんですよね。
でも、とても長いパスワードを入れたあと、「ふっかつのじゅもんがちがいます」って出てくると、
あの楽しげな曲が、なんかとても、白々しく思えてくるという。
すぎやまこういち先生は、天才だなって思った瞬間です。

ドラゴンクエストIII
ドラゴンクエストIII

深夜に行列したり、ドラクエ欲しさにカツアゲする学生が出てきて、社会問題になった、ドラクエⅢです。
ニュースにも取り上げられ、いよいよ国民的な【あの】ドラクエという扱いになってきました。

「そして伝説へ……」というサブタイトル、とても格好良いですよね。
ドラクエⅢの時代設定が、実は一作目、二作目の前の時代。そして、主人公は一作目、二作目では、
伝説になっている勇者ロト自身だという物語構造が、衝撃的で、かっこよすぎる!
まさに、「そして伝説へ……」。
サブタイトルで、ネタばらしをしているなんて、なんか、粋だよね。

当時、店長の友達周りでは、武道家最強!! みたいな流れがあって、仲間3人を武道家にしている奴
なんか、いました。明らかにバランス悪いんですがね。
「かいしんのいちげき」が出やすいってのが、小学生的に、必殺技っぽくて格好良く見えたんでしょうか。

ドラゴンクエストIV
ドラゴンクエストIV

3作目で、ロトの出てくるお話は終わり。
4作目からは、天空三部作と呼ばれる新しいシリーズのはじまりです。
これについては、記憶なんですが、シナリオの堀井さんが、ドラクエは
「スターウォーズ」みたいに9部作で考えていると、当時言っていたような気がします。

まあ、そのあと本家の「スターウォーズ」はなかなか、4作目が出来ないのは、
ご承知の通りなんですが。
(それに、ドラクエも10作目でちゃったしね)

ここら辺から、キャラクタの個性を意識させるような作りになってきましたよね。
小説「ドラゴンクエスト」とか、「ドラゴンクエスト4コマ漫画劇場」とか、「アイテム物語」とか
物語化した本もたくさん出てましたし。ゲームはドラマを見せる時代になって来たんですよね。

フィールドの音楽が、それぞれキャラクタごとに異なるのは、凝ってて良かったですよ。
店長は、勇者がひとりのときのフィールド音楽と、アリーナの音楽が好きでした。
あと、デスピサロの変身シーン!!
衝撃でしたよね。
思わず8回逃げちゃったもんね。
(※8回逃げると、かいしんのいちげきが、出まくるというウラワザ)

ドラゴンクエスト5
ドラゴンクエスト5

そして、スーパーファミコンにハードは移って、第5段。
親子三代の物語。

「結婚相手は迷いますよね」って、よく言うけど、店長は断然ビアンカでしたよ。
いや、だって、物語的にぜったいビアンカでしょう、いくらフローラが良いところのお嬢さんで
逆玉の輿だからって、幼馴染ですよ、ビアンカ。
レヌール城のお化け退治とか、子供のころに一緒にやってるし、プックル(キラーパンサーの名前)も
懐いてるし。物語的に、ビアンカでしょ!

でも、友達は素でフローラ選んでました。まあ、議論になりましよね。
男子中学生に、結婚相手で、議論させるなんて、ドラクエすごいですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊熊飯店

Author:熊熊飯店
アナログゲーム製作サークル
熊熊飯店です。

【Twitterアカウント】
@nakamarunrun
【公式ページ】
kumagumahanten

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。